Twitterはこちらから instagramはこちらから

わかりやすく解説!K-POPアイドルオタクが知っておくべきオタ活韓国語リスト【超基本編】

K-POPオタク知識袋

韓国アイドルを初めて好きになったけど、ファンたちがツイッターで言っていることが分からない…

  • 韓国語が分からないけど、韓国の活動も追いたい!
  • 韓国人のマスターさんのツイートを理解したい!
  • 自分もオタク用語を使えるようになりたい!

K-POPが好きになったからには、推しの言っている内容や韓国人が使う単語を理解したいですよね。

このブログで紹介するオタ活韓国語単語を覚えれば、韓国人のマスターさんといったネイティブな韓国人のツイートが理解できるようになります。

実際に韓国でオタ活をしている中で、学んだ韓国語なので、現地のファンたちが使っていたり、コンサート会場などで使われるものをまとめました。

この記事では、『超基本編』として、オタ活韓国語の基礎的な単語を中心に、日本のファンの間でも使われているオタ活韓国語を紹介します。

そして、読み終えた後には、あなたも更に楽しいオタ活ライフが過ごせるようになるはずです!

아이돌(アイドゥr)

アイドルという意味です。

가수(カス)

歌手という意味です。

팬(ペン)

ファンという意味で、K-POPが好きな日本人のツイッターでもよく見かけられる言葉です。

(例)ツイッターで、初めて話すアカウントの人に誰のファンか聞く時

연습생(ヨンスpセン)

練習生という意味で、事務所でデビューに向けてトレーニングを行います。
日本ではよく練習生と似た意味で「候補生」と使われることが多いです。

memo
韓国では子供が選ぶ、将来の夢ランキングで「アイドル・芸能人」が1位に選ばれるほど憧れの職業です。
目指している人がとても多いため、練習生になるだけでも倍率が高く、SMエンターテインメントやJYPエンターテインメントといった大手事務所であると、さらに倍率が上がります。また、練習生になれたとしてもデビューできる保証がなく、デビューが決定しても、事務所の金銭的な問題などの様々な理由で解体してしまうことがあります。

 

안무(アンム)

振り付けという意味です。

memo
最近では、SEVENTEENを代表とする、セルフ自作アイドル「자체제작돌(ジャチェチェジャkドr)」として、作詞・作曲・振付までを自分たちで制作するアイドルも増えています。

 

안무연습영상(アンムヨンスpヨンサン)

振り付け練習動画という意味です。

memo

振付練習動画は、ミュージックビデオ再生回数○○万回、達成する等という事務所が決めた公約によって、公開される場合があります。また、公約ではなく、コンテンツとして配信されるケースもあり、時期によっては季節にあったコスチュームで振付練習動画がアップされます。YOUTUBEで「アイドル名 안무연습영상」と調べると、振付練習動画がアップされているので、機会があればチェックしてみてください。

방탄소년단 안무연습영상 (BTS 振付練習動画)

 

티저(ティジョ)

ティーザー(teaser)という英単語を韓国語読みをした言い方で、20秒から1分のミュージックビデオの予告映像やコンセプト映像のことをさします。

크래비티 티저 (CRAVITY ディーザー)

memo
コンセプト映像とは、カムバックする時に、どのような世界観で、どんなストーリーが展開するのかを公開するイメージ映像のことです。

 

뮤비(ミュビ)

ミュージックビデオ(Music video)のことです。
「뮤직비디오(ミュジkビディオ)」を略し、뮤비(ミュビ)という言いかたをします。

日本のK-POPオタクの間では、「MV」と使うことが多く、PV(プロモーションビデオ)という言い方はあまりしません。

레드벨벳 뮤직비디오(Redvelvet ミュージックビデオ)

데뷔(デブィ)

デビュー(debut)という英単語を韓国語読みした言葉です。

memo
過酷な練習を経て、手に入れたデビューのチャンスですが、年間にデビューするグループ数は60チームを超えます。その中で成功するグループは1-2組ともいわれています。

 

컴백(コンベk)

「カムバック(comeback)」という英単語を韓国語読みした言葉で、ミュージックビデオが公開され、音楽番組の出演などの活動が始まったことをさします。日本のK-POPオタクの間では、カムバックを「カムバ」と省略し、使います。

memo
韓国アイドルは国内活動期間と非活動期間(空白期間ともいう)が存在します。非活動期間は、海外でのプロモーション期間になることもあります。海外での活動はカムバックとは言わず、主に韓国国内で行う活動のことを言うと考えればよいでしょう。

 

응원법(ウンウォンボp)

直訳すると「応援法」ですが、いわゆる曲中に行う掛け声のことです。

memo

韓国の응원법(ウンウォンボp)は、曲によって様々なバージョンがあり、音楽番組やコンサートの時には皆で掛け声を全力で行います。最近では、BTOBやMONSTA X、SEVENTEENのようにアイドルたちが掛け声を作ることも増えました。YOUTUBEで「アイドル名 응원법」と調べると、アイドルが掛け声を行っている動画がアップされているので、機会があればチェックしてみてください。

아이즈원 응원법 (IZ*ONE 掛け声)

 

まとめ:オタ活韓国語単語集【超基本編】

上記で紹介した11個の単語を覚えれば、『K-POPを初めて好きになり、オタ活韓国語が分からない』『ツイート内容の理解ができない』といった悩みが解決でき、今後、日本のK-POPオタクの会話は勿論、韓国人のマスターさんといったネイティブな韓国人のツイートが理解できるようになります。

最後にもう一度確認しましょう。

オタ活韓国語単語集【超基本編】

  • 아이돌(アイドゥr):アイドル
  • 가수(カス):歌手
  • 팬(ペン):ファン
  • 연습생(ヨンスpセン):練習生
  • 안무(アンム):振り付け
  • 안무연습영상(アンムヨンスpヨンサン):振り付け練習動画
  • 티저(ティジョ):ティーザー
  • 뮤비(ミュビ):ミュージックビデオ
  • 데뷔(デブィ):デビュー
  • 컴백(コンベk):カムバック
  • 응원법(ウンウォンボp):掛け声

最初は見慣れない単語が多く、覚えることに時間がかかるかもしれませんが、ツイッターやK-POPオタクの友達との会話で実践してみると、すぐに慣れていくと思います。

この記事は、超基本編ですので、中級編・高級編と実際に使われているオタ活韓国語をさらに紹介する予定です。
超基本編では『物足りない』『すでに知っている』という方は、中級・高級編を目を通していただけたらと思います。

ご不明な点がございましたら、ツイッターにDMして頂けるとすぐにお返事できます。
お待ちしております^^

K-POPオタクのための韓国イベント情報アカウント 

代行アカウント 

コメント

タイトルとURLをコピーしました